じゃあ、気をつけて。
まあ・・・、面白い会だdermes 脫毛 ったよな?」
ああ。
じゃあ最後に・・・愛のよみがえるシェアハウスに乾杯!」
と言ってホンジョウがグラスを上げ、ナカバヤシもだるそうにグラスを上げながらそれに応える。
ホンジョウがハーフコートを羽織り、リビングを出ようとしていると、ナカバヤシは改めて耳を澄ますようにして天井からの物音を確認している。
忘れものはないよな、と独り言をつぶやきながら、
じゃあ、また」
と言ってホンジョウは玄関の扉を開ける。
おお、そんじゃあね」
とナカバヤシが手を振ってそれを見送る。

夜中になって外は一段と冷え込んできたようだ。
ホンジョウはハーフコートの襟を立て小走りにせせらぎの緑道を行く。
ふと小川の方を見ると、そこには首をぐるりと背中の方に回し、くちばしを羽の中に差し込んでいる一羽の鴨が、
遅いお帰りで・・・」
とホンジョウに語り掛けていた。
まあ、軽いそれみたいなもんかもなあ?
でもね、それで俺は思ったんだよ」
何を?」
結局、人はひとり自分の心地いいことだけを追及し、極めていったらそこdermes 脫毛にはきっとただ心地いい退屈しかないんじゃないかってね。
ほら、確かにある一定の時間は心地いいんだよ、たとえば旅行とか行ってすげえキレイな景色の絶景スポットとかで感動したりするだろ?
でも、しばらくいたら飽きる?みたいな・・・、そんなかんじ。
どんな心地よさも飽きることには勝てないって言うかね、その時その時で」
それで?
じゃあ、どうすんのよ?」
ちょっと話はずれるかもしれないけど、まあ聞いてくれよ。
俺はヒカルさんとのヒーリングセッションなんかを通じてずっと、これから自分はどうやって生きて行きたいのか?なんてことを考えていてね。
まあ、とりわけ俺みたいなクリエイターはひとりでいろいろと考える機会も何かと多いわけで、そのひとりの時間の重要性なんてものをずっと考えてたわけなんだけど」
ああ、なんとなく言ってる意味はわかるけど」
さっき俺が退屈って言ったのはまあ、その行き着くところって意味で・・・、そう言ったひとりの時間、つまり自分を見つめたり、何かを考えたり、アイデアを創り上げたりする時間って言うのはもちろん重要だと思う。
でもそんな時でも結局、なかなか俺らずっとひとりだとその答えみたいなものも見えてこないってdermes 脫毛言うか?何かまわりからの刺激とか?誰かとの会話からとか?そんなところからその答えへのヒントとかが見えてきたりもするわけじゃない?
まあ、精神修行で山にこもったりとか、そこまでのひとりでの瞑想を極めたわけじゃないんで、その次元での話はちょっと出来ないんだけど。
って、そうは言っても瞑想の極みって言うのも何か霊的なものとの交信って意味では絶対的な孤独って言うよりは、逆に全体性みたいなものとのふれあいとも言えるわけで、つまりひとりを極めての多って言うか?全体と交わる?みたいなね」
ああ。