今回のナカバヤシとユリエの、つまりモトコとしての再会は、その任務とその彼女の個人的な想いとがうまく重なり合ってそれで実現したものだったんだよ」
じゃあ何?あのモトコの話ってのはすべて作り話?
ジョークだったってこと?」
と俺が呆気に取られたようにそう応えると、
まあ、基本そう言うことだろうなあ。
その件で俺はイナガキさんとも話したんだけど、どうやらモトコからはなんの調査の依頼も受けてなかったって話だし。
つまり???、って言うかまちがいなくアイツはオマエの運命のオンナに関する調査なんてものは何もしちゃいないってことだよSmarTone寬頻

オマエ???、その後モトコとは話したのか?」
と俺がホンジョウに問いただすように訊くと、
いや、それが???実はモトコとはそれ以来連絡が取れないんだ。
アイツしばらく携帯出ないと思ってたら、どうも番号が変わっちまったみたいでね。
おかけになった電話番号は???になっちゃって」
とホンジョウは言った。

店には行ってないの?」
とマスターも不信そうな顔でそうホンジョウに尋ねると、
それが店もここのところ閉まってるみたいで。
どっか旅行にでも行ってるんじゃないかなあ?」
なんてホンジョウは適当にそう答えると、今度はいきなり表情を変えニヤついたようにして俺の顔を覗き込んでくる。

それで、オマエ???、どうだったんだよ?
モトコとは?
アイツ、いい身体してたか?」

ええ?
か、身体?
ああ、ま、まあなSmarTone 續約
まあまあ???かな」
と俺は腑に落ちないことが多過ぎるせいもあり不機嫌にそう答えると、
なんかいまいちだったみたいだねえ?」
と拍子抜けしたようなホンジョウ。

なあ、ホンジョウ?
それとマスターもなんだけど。
これはまあ、いろいろと馬鹿やってきた俺でも???、ちょっと珍しい体験って言うか、実はちょっと話すのをためらってたんだけど」
と俺がやや神妙な口調でそう言うと、

ええ?
な、なんだよ?」
とふたりは同時にそうはもりながら俺に顔を近づけてくる。

実はな」
と俺が語り始めようとしたその瞬間だった、
わかった!」
といきなりマスターが俺の話に割り込むようにそう叫んだ。

な、なんなの?」
と今度は俺とホンジョウがはもってそう訊き返す。

するとマスターは早口で興奮しながらこう語り始めた。
やっぱりモトコは『光の機関』のエージェントだったんだよ。
つまりオマエたちがこれから成し遂げるっていう仕事とそれに伴う身の危険性についてやっぱり???、それをそう、ナカバヤシに伝えにやって来たんだよ數碼通月費
そのためにホンジョウ!彼女はオマエに近づいて探偵ごっこのだんどりまでも考えさせたんだ。