2016年11月

我以前也很少到專業的美容機構做護理這些,因為工作真的是很忙,後來身邊的好姊妹跟我說我皮膚的角質太厚了,再不去Dr reborn做下美容護理很快就會變成老太婆了,會馬上老太婆這句話對我而言真是太可怕了,天知道我才不到三十歲啊,年齡比tiwns都還要小。

 

說到tiwns我身邊好多朋友都是她們的粉絲,我也不例外,我一直都有關注偶像的動態,生活生很多行動指南大多追隨偶像的風格,無論是穿衣打扮,還是時尚妝容方面,關於美容這一塊,我倒是知道阿嬌她有代言香港著名醫療及美容品牌Dr reborn

 

tiwns歌迷都知道阿嬌雖然人長得美,得是她腿粗卻老成為娛記的攻擊點,阿嬌在中學的時候是田徑隊員,造成腿粗在所難免,她也試過很多減小腿的方法,效果都不大。但是Dr reborn幫到她了,阿嬌在Dr reborn做了「BBD重點美腿療程」很好的改善了粗腿的問題。

 

Dr reborn的明星代言人除了有阿嬌之外,女神溫碧霞,模特莊思敏,《一路向西》的女主郭穎兒都做過Dr reborn的代言人,有如此強大的女神團做代言,相信在Dr reborn享受醫療美容服務肯定能享受到專業、安全、有效的服務。

 

我身邊的好姊妹都喜歡去Dr reborn旺角那間六星級旗艦店做美容,我去過之後也很喜歡,因為它的專業服務和舒適的環境,給到我給帶來了十分美好的印象,除此之外去過那邊完美白嫩膚回來後,連男友都大贊我變漂亮了許多。

 

--------------------------------

Dr reborn打透明質酸,一不小心就年輕回到了18

 

我這次是去九龍旺角亞皆老街的朗豪坊辦公大樓41樓裏的Dr reborn旗艦店做的醫療美容,去年我也有在Dr reborn打了一次透明質酸去皺,價格不到一萬,但效果特別理想,醫師做完了馬上就見效,皮膚上不僅皺紋少了,整個臉部回到水水的狀態,這狀態維持了十個多月。

 

這次我決定試下透明質酸補濕嫩白針,諮詢了下醫師說透明質酸補濕嫩白針,是將穩定性透明質酸平均注射於真皮層上,為缺水肌膚細胞持續補濕,同時穩定性透明質酸注入皮膚後會拉緊周邊組織,刺激骨膠原及水份的增加,達到改善毛孔粗糙、暗黃等系列問題,整個療程費用也僅在一萬左右的價格,這價格真是太實在了。我馬上就做了,整個療程不到半小時就搞定了,非常快。出來我對著鏡子仔細看了上,臉上肌膚細滑有光澤,顯得十分白皙剔透,完全就是18歲的肌膚狀態,太水嫩了。

 

最後,再給大家科普下Dr reborn這家香港高端醫學美容服務品牌,它是香港最大醫學美容服務商,有許多香港明星代言過,像鐘欣潼、溫碧霞等都是這品牌的代言人來的,專業、安全等方面都是十分有保障的,最重要的是去過Dr reborn做美容的都說好。

 

 

------------------------------------

Dr reborn做一個Hifu療程,即刻變身美魔女

 

女人去到四十幾歲這個年齡段,基本上對皮膚保養基本上都已經是絕望了的,把再貴的護膚品塗在臉上也阻止不了皺紋、鬆弛、暗啞等等這些問題,但是再絕望的主婦只要心還年輕,就可以找回重返年輕肌膚的方法。

 

在香港Dr reborn我找到了,在剛開始的時候,我是抱著讓身心舒服一下的心態來到Dr Reborn旗艦店的,Dr reborn專業的醫師看過了的肌膚狀態後,建議我先做一個Hifu聚焦緊膚療程,醫師還給我解釋了Hifu聚焦超聲波緊膚的原理,Hifu透過超聲波,將熱能繞過皮膚表層,精確聚焦在皮膚真皮層進行加熱,瞬間將真皮層的焦點組織溫度提供,從而收緊,啟動勝券在握增生重組,膠原蛋白可幫助肌膚變得緊致起來,效果比做了拉皮手術還要好。

 

在做Hifu聚焦緊膚療程前,醫師把一切細節都說明得很清楚,因此交給醫師去做我特別放心,做完效果真的有很好,感覺臉部肌膚前所未有的緊致,充滿彈性。後面我還繼續做了redensity補濕療程,facial鐳射療程等,一連串的療程為我改善了肌膚問題,同時也讓我找回了年輕時對於外貌的自信心,這裏要特別感謝Dr reborn貼心周到的服務。

トナカイの手綱を斜めに傾け、渋谷のハチ公前の上空で止まった。
進藤はここから眺める渋谷の街が好きだった。毎年、プレゼントを配る前には必ずここでsculptra 淚溝煙草を一服吸っていた。しかし、胃のポリープを切術したばかりの進藤は煙草が吸えなかった。
煙草の煙の代わりに、白い息をハァァァァと吐きながらセンター街を浮かれて歩く若者たちを眺めた。もちろん、彼らには進藤の姿は見えなかった。サンタエキスプレスから支給されたサンタクロースの衣装を着ていると、透明人間になれるのだ。

プレゼントを七軒配り終えると、時刻は既に八時を回っていた。
とっとと終わらせたかった。早くアパートに帰って布団に包まりながら焼酎をちびちびやりたいものだと思いながら八軒目の家の屋根に降り立った。
その家は新築の豪邸だった。橇を降りながら、こんな金持ちのガキなんかより、もっとプレゼントを必要としている子供達が他にもいっぱいいるだろ、と、サンタエキスプレスの選定に不信感を抱いた。またしてもトナカイがドボドボっと脱糞した。

屋根を滑りバルコニーに降り立った。ドスンっと凄い音がしたが、この音もサンタエキスプレスから支給されたサンタクロースの衣装を着ていれば自然迪士尼美語評價 に消音された。
バルコニーの窓をすり抜け、暖房の効いた温かい室内に忍び込んだ。やはりこのサンタクロースの衣装を着ていれば、壁も窓も塀も、なんでもすり抜ける事が出来た。
廊下の突き当たりにある階段を降りていくと、大きなリビングのテーブルの上に置いてある巨大なクリスマスケーキが見えた。

小学生の女の子と四才くらいの女の子がケーキを囲みながら嬉しそうに笑っていた。その奥にあるキッチンでは若くて綺麗なお母さんが鳥の唐揚げを皿に盛りつけながら、「あなた、ロウソクに火をつけてあげて」と微笑み、リビングの隅のソファーで新聞を読んでいたお父さんが「よし……」と言いながら立ち上がった。
ケーキのロウソクに灯がともると、四才の女の子が「ハッピバースデーちゅーゆー」と歌い出した。小学生のお姉ちゃんが「違うよ、ジングルベールだよ」と言うと、唐揚げを持って来たお母さんとお父さんが見つめ合いながらクスッと微笑んだ。
まさに絵に描いたような幸せな家庭だった。自身が幸せを運ぶサンタクロースでありながらも、進藤にはこんな幸せは一度も無かった。

進藤は六十五年間独身だった。しかも、女性と付き合った事は一度も無かった。
中学生の時、学校の帰りに轢き逃げされて足が不自由になった。ピコピコと傾きながら歩くのを近所の子供に馬鹿にされた事が原因で、それからというもの家に引き蘢るようになった。
高校へも行かず、毎日家に閉じ篭ってはコックリさんばかりし迪士尼美語世界ていた。そんな進藤の身体は当然ブクブクに太った。陽に当たらないため顔は常に青白く、デブ特有の油ギッシュな顔面には真っ赤な吹き出物が蕁麻疹のように広がり、長髪の頭からは日にコップ一杯のフケが出た。

↑このページのトップヘ