2016年12月

把握してないんですか?理事長って一体何に興味あるんです?」
心底不思議層に問われたが、ザンは苦々しい表情をする。
理事長はやめ皮膚分析ろ」
はい。なんて呼べば?」
ザンだ。」
ザン?」
友人がつけたあだ名だ。何故かここでも浸透している」
なるほど。了解しました」
敬語も必要ない。もう雇用主ではないからな」
そうですね。うん、分かった。年も近いしね!」
そういうことだ」
ザンは頷きビールを飲みつつ、まだ何か言い合っている美桜里と貴彰を見た。
でさ、あの4人は誰かと誰かがつき合ってるの?」
今聞いた限りではないらしい」
それは私も聞いてたからわかるよぉ。じゃなくて、なんかこう恋愛ドラマちっくな展開があるのかなーって思って!」
恋愛ドラマちっく?」
訝しげな表情で反芻したザンを見て、美波は話にならない、といった表情でため息を付いた。
恋愛ドラマちっくねぇ。美波ちゃんは彼撫平皺紋氏はいないのかい?」
二人の会話を聞いていた栄太がこちらの会話に割って入った。
いないですよぉ。いたら一人でこっちに来ません」
それもそうだな。」
私、25までに結婚するのが目標なんです!」
突然あっけらかんと言い放った美波の言葉に、全員やや驚いた表情をした。
変ですか?」
キョトンと首を傾げる小動物のような表情に、早雪は顔をほころばせた。
ううん。変じゃないけど、東京の子にしては早いなって思って」
晩婚化が進んでるしね。それに、この村に来たら相手を捜すのは大変だぞ?大丈夫かい?同世代の男はそう多くない。だよな?」
そうね。いるにはいるけど、早くに結婚した人が多いし、残っているのは少ないかなぁ。でも良さげな人いたら紹介するからね!」
美桜里が言うと、美波は目を輝かせて美桜里の両手を握った。
是非!お願いします!大人で優しくて、お腹が出てない人がいいです!」
その言い方が可笑しくて、早雪と貴彰が笑う。
あら、じゃあここにいる男性陣はみんな合格じゃない?」
美桜里が見回すと、貴彰と栄太、ザンは驚いた顔をしてお互いを見た。
そうなんですか?ちょーっと、失礼!」
美波は含み笑いをしながら隣の栄太の腹をつかもうとした。
おいおい、生憎、つかめる肉はまだついていないよ?」
本当だ~!栄太さん、合活力精油 格~!」
私もまだなんとか」
自己申告した貴彰の腹部もチェックした美波はにっこり笑う。どうやら合格のようだった。
でも一番はザンよね?」
美桜里がからかうようにザンの顔を覗き込み、予告なしに突然腹にグーでパンチをする。
顔色一つかえず美桜里を見下ろすザン。

定位置より少し遠くに置かれた車。
栄太は巡回に行く時、必ず車か近場の場合は自転車で回る。
そ、そんなこと言われても…ほら自警団と消防団はさっき到着したみたいやし…」
語気の荒い早雪をかわす老人がオドオドと説明してくれる微創手術
貴彰は早雪の両腕を掴んだ。
落ち着いてください。避難しているはずです」
どうして分かるんですか?!この時間は巡回前だし、車もあるのに出かけているはずないわ!ザンだって寝てる時間でしょ?」
早雪は言いながら貴彰の手を振り払って建物に走って行った。
早雪さん!!」
貴彰が追いかけようとしたが辺りの野次馬を整理していた消防団に阻止される。
早雪は野次馬と自警団をかいくぐり、一番建物に近い位置にいたバケツリレーをはじめていた自警団の男に詰め寄った。
栄太さんは?」
それが、来たらもうこの状態で…」
ザンは?」
あいつの姿も見てねぇんだ…」
まだ診療所は火が回りきってねぇから俺が見て来る。あんたはここに…」
言い終わらないうちに早雪は男が手にしていたバケツの水をかぶって走り出した。
うわっ、ちょっとアンタ!!」
男に腕をとられたが、火事場の馬鹿力のように振り払うと建物に近づいた。
栄太さん!栄太さん!!」
入り口から呼びかけるが何の返答もない牛熊證 行使價
今にも入り口の屋根が崩れそうだ。
意を決して中に飛び込もうと一歩踏み出したところで、
ダメだよ下がって!」
先ほどの自警団の男が早雪の腕を掴む。
なんちゅー無茶なお嬢さんだ…」
離してください!栄太さん!いないの?!」
二人掛かりで両脇を抱えて引き戻され、その脇から消防車から出て来た消防隊員が消化をはじめた。
脱力して地面に座り込んだ早雪。そこに…
早雪!」
栄太が野次馬をかき分けてやってきた。手には大きな箱を持っている。
栄太は箱を投げ捨て、座り込む早雪に駆け寄り抱きしめた。
栄太…さん…。良かった」
何やってるんだ!」
まだ…中にいるんじゃないかと…」
馬鹿だな。すぐに逃げ出して無事だよ。ザンもな」
栄太に縋り付きながら、涙があふれて来る早雪。
今更ながら体が震え、腰も抜けたようで立てる気がしない。
よかった…」
…無茶しないでくれ。取り押さえられてる君を見て心臓が止まるかと思ったよ」
ごめんね、本当…よかっ熱水爐 た…」
…」
早雪を抱きしめながら栄太もホッとして座り込む。
その傍らで早雪の荷物を拾った貴彰と栄太が投げ捨てた箱とその中身を拾い集めるザン。
消化の邪魔だ。車に行ってろ」
静かにザンに言われて栄太は早雪を支えて立ち上がる。
少し先に移動してある車の後部座席に、早雪と栄太が乗り込んだ。
ザン、頼んだぞ」
まかせておけ」
ザンは二人が座ったのを見るとトランクに荷物を押し込み走って行った。
まだ興奮が冷めない早雪は栄太に背中を撫でられ、深呼吸する。
大丈夫かい?」

つくしは静かに尋ねた。
葡萄の収穫は8月から9月にかけてだ。その代わり冬は苗の植え付け作業が12月から3月にかけて行われている。そ鑽石能量水系統の苗が結実するまでは2年から3年はかかると言われていた。

「博創堂さんはうちのワインのための広告を作ってくれるんですよね?それならぜひ畑を見てもらいたい。それにこれは必要なことだから言っている。必要がないなら何もあなたの貴重な時間を使おうなんて考えませんから」

司は牧野つくしが素直にわかりましたと答えるとは考えていなかった。
しかし急にカリフォルニアまで行くと言われれば牧野ではなくとも驚くはずだ。
彼はつくしの向かいの席でハンサムな顔を少しだけ傾けると言葉を継いだ。

「あなたの仰る通り、今の季節に葡萄は実ってはいない。だがすることはある。牧野さん鑽石能量水系統 はどんな手順でワインが出来るか知りたいと思いませんか?いいチャンスだと思いますが、行っていただく時間はないでしょうか?それともそんな時間は無いと仰るなら、他社に、光永企画さんにお願いしてもいいんですが?」

さらりとライバル会社の名前を出してくるということに、言外に脅しが含まれていると感じられた。だがその声は穏やかで、さも無関心といった言い方で、態度はビジネス重視を装っている。

つくしのささやかな質問は、受け入れてもらえないのはわかっていたが、それにしても、どうしてこの男はあたしと恋がしたいなんて言ったのか?
複雑な心境だ。実に複雑だ。もし道明寺司がクライアントではなく、なんの関わりもない滋の友人として紹介されていたら、また状況は違ったはずだ。

だが実際は大口のクライアントで、この男の機嫌を損ねるわけにはいかない。だからと言って、おまえと恋をしたいと言われても素直に対応することは無理だ。もし仮に二人が恋人同士になったとする。だがそ鑽石能量水系統 の関係も破局を迎えることになったら今の仕事はどうなるの?

担当を変えるぞ。という恐ろしい言葉は聞きたくない。クライアントと恋愛関係になったばかりに大変な目にあった営業もいる。つき合いが上手くいっている時はまだいいが、破局した暁にはどんな顔をして会えばいいのか。それに公私混同なんてあたしには出来ない。

↑このページのトップヘ