ぽかんとしている牧野が面白HKUE 傳銷 れぇ。
どうだ?驚いたか?
つーか、本当に気付いてなかったんだな。

それでも、こいつからの返事はない。
牧野の瞳に迷いが見える。

これだけ一緒にいて、お前に俺以外の男なんてあり得なくねぇの?
そろそろ自覚してくれよ。

だから、俺は聞いてやった。
『お前の理想の男ってどんなやつ港幣人民幣匯率 ?』
 
 

「そんなこと、いきなり聞かれてもわかんない。」
と戸惑う牧野。
 「じゃあ、ゆっくり考えてもいい。」
そう言った俺にちらっと視線を流し、逃げられないと悟ったのか、じっくりと考えだした。
 

「あたしのお料理をおいしいって言ってくれる人。」
朝飯は全部食ってる、合格。
「あたしの話しをよーく聞いてくれる人かな。」
俺だな。
「それで、一緒にいると落ち着くような人。」
まんま、俺だな。
はっきり言って、夫婦かっつー落ち着きっぷりだ。
 
「それだけか?」
「うーん。なんとなく、あたしがいないとダメだなって思っちゃう人かな?」
ドンピシャ、俺だわ。
俺はお 前がいなきゃ、生きていけねぇ。